FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月
--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.09.26(Wed)

二次元創作における少女を使ったグロテスク表現の考察 

注意※以下の記事には人によって不快に感じる内容が含まれています。
   記事により気分を害された場合の責任は一切取れませんので
   悪しからず。







どうも。メイリエです。
えー今回はちょっと本気出して記事書いてみます。

テーマは「二次元創作における少女を使ったグロテスク表現の考察」
主に漫画などにおける少女を使ったグロテスク表現について、
オレが様々な考察をしていきたいと思います。

さて、まずは「少女を使ったグロテスク表現」とは一般的に見て
一体どういうものなのか、というところから考えて見ましょう。

まず「漫画」というジャンルに固定した場合では、その漫画
という定義の仲でも「非18禁」と「18禁」に分けられます。
非18禁は現代日本において現在のところ年齢制限が設けられて
いない漫画(つまりは青年誌などに多い性的表現やグロテスク表現が
多様されていながらも年齢制限自体はハッキリと存在しない漫画)
を指します。
なお、「多重人格探偵サイコ」などの一部の地域で有害図書認定を
受けている漫画も非18禁にカテゴライズします。

この条件だと筆者が一番に思いつくのはヤングジャンプにて
連載されていた「エルフェンリート」です。

この作品は正に「少女」と「グロテスク」という二つのキーワードが
とても強く結びつく作品だと思います。

ストーリーは超能力を持った新人類の少女達と少女達の周りを
取り囲む人々を描いたものなのですが、この作品、とにかく
人が死にまくります。
特に登場する少女達の残虐な死亡シーンや、少女達を研究する
機関による凄惨な虐待シーンなどは、見る人を非常にブルーに
させます。(一部の人は興奮します。オレ含む)
この作品は昨今の漫画の中では最も純粋に少女の凄惨なグロテスク
シーンを描いた作品ではないでしょうか。
なお、この作品はその中でしっかりと著者の伝えたいメッセージを
表現しており、決してグロテスクシーンだけの漫画ではないことを
追記しておきます。
kyap90.jpg

参考:アニメ版キャプチャー


次に非18禁の中でオレがグロテスクだと思う作品はやっぱり
月刊アフタヌーンで連載していた「なるたる」だと思います。
エルフェンリートはストレートなグロテスク表現が多いのに対し、
こちらの作品は非常に屈折したグロテスクさ、いわゆる精神にクる
感じのグロテスクシーンが多いです。

有名なのでは
「イジメっ子による少女に対しての性器への試験管挿入」
「同じくイジメっ子による少女へのミミズ入りの水を飲ませる
 という行為」
「登場する男性がレイプされながら解体される(生きたまま)」
「イジメられていた少女がイジメっ子を残虐な方法で殺害する」
などがあります。
この漫画の作者である鬼頭莫宏さんは「いじめや性、暴力や死など、
特に現代日本において人間関係に表れやすい繊細な問題を描き、
糾弾する残酷かつシリアスなストーリー」が多いため(ウィキから
抜粋)このようなグロテスクシーンが多いのだと思われます。

なお、この作品では基本的に直接的な描写が少ないのですが、
「登場する男性がレイプされながら解体される」というシーンの
作者のネームには
「 針金で縛って強制的に止血しながら、関節ごとに、末端から人形を
バラバラにするように 皮を剥いで解体していく内容。いわく大出血する部分を避けて綺麗に部品を外して、 中身を見るように壊していくとのこと。ことに足首や膝の解体方法については、聞いた話をそのまま言うのが気持ち悪くなるくらい常軌を逸したような細かな順序設定が
あった。 その上で肛門に刃物を差込み、陰茎の皮を剥ぎ、亀頭を削ぎ、陰嚢を切開して 睾丸を切り割り、ついで腕部も同じく解体したのち腹部を切開して内臓を取り出す」という内容が細々と設定されていたそうです。(2ちゃんねる※なるたる※のり夫を救うスレ※より抜粋)
imga604552fyvl0nk.jpg


(13).jpg

1182348312709.jpg

参考画像

以上、僕が少女を使ったグロテスクシーンの多いと思う非18禁漫画
二つでした。

長くなるので今回はここまで。
次回は18禁漫画にも目をあて、さらにもっと他の二次創作
についても考察したいと思います。
スポンサーサイト
EDIT  |  18:20 |  未分類  | TB(1)  | CM(3) | Top↑

Comment

●なるたる

なるたるを探しに行きたくなった(笑)
ちょ、いまから親連れてブックオフ行って来る
闇タロー | 2007年09月27日(木) 22:51 | URL | コメント編集

●水猫

初めて見たなるたるのシーンがこれで、大分鮮明に記憶に残ってたわ。
アニメだけど。
 | 2007年09月29日(土) 05:02 | URL | コメント編集

ユカ 「頭蓋骨が割れた音だよ。」
あばら | 2007年09月29日(土) 18:44 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

エルフェンリート『エルフェンリート』は、日本の漫画家 あ行#岡本倫|岡本倫の漫画作品。週刊ヤングジャンプ連載。2002年27号より週刊連載を開始。2003年12月からは月1シリーズに変更、2005年4月から週刊連載に戻った。2004年7月25日にアニメ版が、CS放送局のアニメシアター
2007/09/29(土) 18:08:28 | アニメ・マンガ 集まる!
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。